ちょっとマニアックな記事を取り上げていきます

【老後資金2000万円問題】【教育費】【もしもの備え】お金に対する悩みはいつまでも尽きない?

毎月企業からの配当金で保有株の買い増ししながら不労所得を積み上げています。

資産5000万円 セミリタイア を目指す年収500万円未満の平凡サラリーマンの日記です。お金を通じた記事を扱っています。真面目なものから笑えるものまで幅広く扱っています。

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

我が家も共働き世帯(私=正社員、妻=パート)ですが、この働き方が現代におけるスタンダードなのではないかと個人的には感じています。

余程有能な人でない限り、1000万円を超えるほどの年収をもらえるのは一部でしょうし、国の調査では平均年収400万円弱とここ数十年上がっていません。

世界でみればまだまだ裕福とは言われていますが、それでも将来のお金に不安を感じる人は多いのでは?

今回の記事は。

世代で感じるお金の悩み、そして共働き世帯の資産形成していく上でのお金の管理について見ていこうと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

非常時こそ貯蓄の大切さに気づく

皆さんは何のために資産形成を進めていますか。コロナ禍のような収入が減る危険が目の前に迫ると、「やはり万一の時に少し貯蓄があると安心だよな」と思われたことでしょう。

目的、目標は人それぞれですが、私はセミリタイアを目指して日々活動しています。

昨年コロナウイルスが原因で株式市場が大暴落(コロナショック)を経験したことで、貯蓄の大切さ、そして投資の大切さがよく分かりました。

始めて身をもって不景気を体験したかもしれません。収入が減ることで、貯蓄を切り崩す生活とまではいきませんでしたが、将来への不安を一番感じた時でした。

これから共働きで共に資産を築いていく上で、協力、そして戦略的に物事を進めていかなければなりません。

ではどのように資産形成していけば良いのか?について見ていこうと思います。

共働き世帯の資産形成―複数の目的に合わせたアセット・ロケーションー

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/98ce721122c80ed09d83137f61ec32bf74999aad

複数の目的別に資産形成をおこなう

引用 https://store.kinzai.jp/public/ext/freepage/2021kinmadotuiho.pdf

記事の図だとちょっと話の内容が分かりにくかったので、違うところから引っ張ってきました。

金融資産の保有目的の上位3つは「老後の生活資金」、「病気や不時の災害への備え」、そして「こどもの教育資金」です。 特に「老後の生活資金」、「病気や不時の災害への備え」は6割、7割の人が挙げています。昨今の事情もあって、この2つは非常に身近になっていることがわかります。グラフ1の2020年のところを見てください。この2つの項目が跳ね上がっているのがわかりますね。

金融資産の保有目的は年代による、そのときに置かれている環境で目的が違ってきますね。ここ数年最多の回答となっている「老後の生活資金」に関しては、若いうちはそこまで高くありませんが、40歳代からぐんと回答率が上がってきます。「病気や不時の災害への備え」はどの年代も意識しているのか偏りなく高い数値です。

また全体の数値としては上位には入っていませんが、20代〜40代には子供の教育資金が金融資産の保有目的として挙がってきます。

私もこの項目の中から3つ回答するとなれば「老後の生活資金」、「病気や不時の災害への備え」、「こどもの教育資金」の3つを挙げていたでしょう。

全体で見てお金に対する不安はどの世代も感じているんですね。もちろん私もお金に対する不安は大いにあります。それは今回のコロナウイルスの感染拡大でさらに不安が増しました。特に老後資金2000万円問題なんて言われている中での今回の出来事はより不安を煽る結果になったのではないかと思います。

世の中のこれまでの仕組みが根本から変わった、私の人生における大きなターニングポイントと言っても言い過ぎではないと思います。今後もうないとも言い切れませんし、感染症以外でも何がきっかけで不景気になり、自身の生活が脅かされるか予想もつきません。

貯蓄の目的は「万一の備え」から「老後の生活資金」に

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/98ce721122c80ed09d83137f61ec32bf74999aad

資産形成といえば「老後の生活資金」を頭に浮かべる人が多いでしょう。「老後の資産形成」に関しては、メディアやファイナンシャル・プランナーの方が、こぞってよく取り上げるトピックです。

しかし、このグラフ1からわかることは、「老後の生活資金」がトップになったのは2013年からで、この10年弱のできごとだということです。 それまでは「万一の備え」がずっとトップを占めてきました。特に80年代、90年代はダントツと言っていいほどの差がありました。

上記の図は記事に掲載されていたものになります。こうして見てみると、現代でトップの「老後の生活資金」は昔からトップだったわけでもなく、徐々に上がってきて2013年で「病気や不時の災害への備え」と逆転しているんですね。

2009年に起きたリーマンショック、2020年は記憶に新しいコロナウイルスの感染拡大など、不測の事態が起きた時、経済に影響が出て、自身の取り巻く環境にも影響を及ぼしたときにより実感したのではないでしょうか。

とはいえ根本的なところはバブル経済の崩壊が現代まで足を引っ張っている気がします。株価もバブル経済の崩壊時の最高値を更新することはできていませんし、平均年収も長い期間、横ばいが続いています。

生活が豊かになっている実感がない、そしてその間に度々起きる出来事によって、徐々に老後の生活資金への不安は蓄積されていったのでしょう。

苦悩する30代・40代、「貯めるべき項目」がありすぎる

50%前後以上の人が3大目的の「万一の備え」、「老後の生活費」、「子どもの教育費」を挙げていて、どの項目も優劣つけ難いということが良くわかります。

最も家計が苦しいといわれる年代の30代、40代。複数の必要資金需要にどう向き合っていくべきか…なかなか簡単な話ではありません。 というのも、目的に合わせると準備の期間も方法も異なるので、管理する口座を分けるなどの工夫が必要になります。

20代半ばから30代に入ってくるあたりで結婚や子供が生まれたりなどライフイベントが多くなってきます。そうしてくるとどうしてもお金が必要になってくる場面が増えてきます。

結婚すれば頭の片隅にちらついてくるのは、家を建てるか建てないか、また子供が成長してくれば、教育に多くのお金がかかってくるようになります。30代、40代は「子供の教育資金」が「老後の生活資金」「万一の備え」を抜き、トップになってくるなど、自分というよりも家族を守っていくためにどのように金融資産を活用して、増やしていくかが大きなキーワードになってくるということですね。

それにしても30代、40代は必要な項目が同時多発的に増えてきますね。私自身はまだ子供はいないので、そこまで資金計画が様々な要因で複雑に絡み合っていません。現状は「老後の生活資金」の解決が最優先で、総資産の8割近くをリスク資産に割り当てています。

冷静に考えても、もし子供がいたらこんなにリスクを負うことはできていないでしょうが、逆をいえば今だからこそできるだけリスクを負って総資産を増やす取り組みをしておかねばとも思います。

アセット・ロケーションを作る?

そこで考えたいのが、目的別の資産形成口座を作ること(アセット・ロケーション)です。 それぞれの制度の特徴を踏まえて、目的別口座にお金をわけて管理すれば、準備してきた資金を他の目的のために流用するといったことも避けられます。

こうしてお金に対して多くのことを並行して考えざるおえない30代、40代にとってはより計画的に、目的を明確化して資金を貯めたり、資産運用で増やしていかねばなりません。

このコロナウイルスを乗り越えれば将来は安泰なんていうことはありません。いずれ世界経済に大きな影響を及ぼし、長い低迷期に入ってしまう出来事は起こるでしょう。

記事では目的に応じたアセット・ロケーションを作っていくことが大事だと言っています。目的別に口座を分けて管理しておけば、不測の事態にも柔軟に対応できる。ただお金を貯めるのではなく、目的・目標を持って戦略的に貯めていく心持ちがこれからの時代、より重要になってきますね。

今回は以上になります。最後まで見ていただきありがとうございます!

スポンサードリンク